版画工房みのむし「4月はじまりカレンダー」
other
5e8d3cf1e20b043dc08b22cf 5e8d3cf1e20b043dc08b22cf 5e8d3cf1e20b043dc08b22cf 5e8d3cf1e20b043dc08b22cf 5e8d3cf1e20b043dc08b22cf 5e8d3cf1e20b043dc08b22cf

版画工房みのむし「4月はじまりカレンダー」

残り3点

¥3,850 税込

送料についてはこちら

【期間限定通販】 ★新型コロナウイルス(COVID-19)終息までの限定通販です★ 毎年たのしみに待たれている方も多い、人気のカレンダー。 ペーパースクリーン版画という技法で、1枚ずつ1色ずつ版を重ねて手刷りされています。 カレンダーとして使用後は、上下を切り取ってポストカードとして使えるように裏面が作ってあります。もちろん、版画作品として飾っていただいても! <サイズ目安:縦22cm×横10cm> 4月 チューリップ 5月 じゃがバター 6月 花菖蒲 7月 車えび 8月 冷やしパイン 9月 アニマルクッキー(動物愛護週間) 10月 モンブランケーキ 11月 寒椿 12月 編み物かご 1月 あか牛(干支) 2月 紅白しだれ梅 3月 立ち雛 満月/新月の表記付き。 ●「ペーパースクリーン版画」とは 1963年に若山八十氏(わかやま・やそうじ)さんが開発した、日本生まれの比較的あたらしい孔版画の技法です。 孔版画は、インクが通過する孔(あな)と通過しない部分とを作ることで製版し、印刷する表現(ステンシル、シルクスクリーン、型染め、ガリ版等も同じ)。 ペーパースクリーン版画では「ダイヤモンドスクリーン」という耐油・耐水性をほどこした特殊な和紙を版材として使用するのが特徴で、最初から最後まで一貫して1つの版を使用し、版作りと刷りを交互に繰り返していく「1版多色刷り」を基本としています。 和紙を通して表現された、やわらかさ、あたたかさ、素朴さ、といった独特の風合いを感じてください。 版画工房みのむし(山口・下松)