コロナ禍日記
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

コロナ禍日記

残り1点

¥2,200 税込

送料についてはこちら

[Sorry, this item can't be shipped overseas.] 生活考察叢書01 コロナ禍日記 植本一子/円城塔/王谷晶/大和田俊之/香山哲/木下美絵/楠本まき/栗原裕一郎/田中誠一/谷崎由依/辻本力/中岡祐介/ニコ・ニコルソン/西村彩/速水健朗/福永信/マヒトゥ・ザ・ピーポー(著) タバブックス(刊) 定価:2,000円+税 判型:四六判並製 ページ数:448ページ 発刊:2020年8月13日 世界中で新型コロナウイルスの感染が拡がり、日常が大きく変化した2020年春以降。 これまでに誰も経験したことのない日々を、それぞれにどう暮らし、何を感じ、考えてきたのか。 東京、大阪、京都、ドイツ・ベルリン、イギリス・ロンドン、アメリカ・ボストンなど各地で暮らす、写真家、小説家、漫画家、ミュージシャン、ライター、映画館やカフェ経営者ら17人が、コロナ禍数ヶ月の日々を記録した日記アンソロジー。 生活と想像力をめぐる「ある種の」ライフスタイル・マガジン『生活考察』から新たに生まれる書籍レーベル「生活考察叢書」第1弾です。 装丁:内川たくや