鴻池朋子「絵のうら側に言葉の糸をとおす」
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

鴻池朋子「絵のうら側に言葉の糸をとおす」

残り1点

¥990 税込

送料についてはこちら

[Sorry, this item can't be shipped overseas.] <カタリココ文庫>対談シリーズ 鴻池朋子 言葉のうら側に糸をとおす 聞き手:大竹昭子+堀江敏幸 鴻池朋子+大竹昭子+堀江敏幸(著) カタリココ文庫(発行) 定価:900円+税 判型:文庫版 ページ数:53ページ 発刊:2020年9月14日 大竹昭子さんの「カタリココ文庫」対談シリーズより。 「カタリココ文庫」は、作家の大竹昭子さんが2007年より主催されてきたトークと朗読のイベント「カタリココ」から誕生した書籍レーベル。 今回の本は、同じく大竹さんが主催されているトークイベント「ことばのポトラック」(2011年の東日本大震災をきっかけにスタート)での、美術家・鴻池朋子さんの回を再構成した鼎談集です。 聞き手は大竹さんと堀江敏幸さん。 本のかたちとしては、カバーを外した文庫本をイメージしてください。 ポケットやバッグにしのばせて、ちょっとした時間に。 読むこと、考えること、感じることを味わってもらえますように。 編集協力:大林えり子(ポポタム) 装幀:横山雄+大橋悠治(BOOTLEG) 表紙・図版:鴻池朋子