「転校生の花子さんとヨゲンジュウ」楢喜八
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

「転校生の花子さんとヨゲンジュウ」楢喜八

¥1,210 税込

送料についてはこちら

★★複数ご購入特典★★ 読めば、きっと誰かにあげたくなるはず! 2冊以上ご購入の方に特製缶バッジをプレゼントします。 (2冊ご注文で2個、3冊ご注文で3個……) *お届け先を複数箇所にすることはできません。 *バッジの絵柄はどちらかおまかせになります。 ヒマッコブックス1 「転校生の花子さんとヨゲンジュウ」楢喜八 定価1,100円+税 A6横(縦105✕横148mm)中ミシン上製本 24ページ ISBN 978-4-9912195-1-1 C8793 2021年11月12日刊行 こぶな書店とヒマールによる共同出版レーベル「ヒマッコブックス」第1弾。 花子さんが、A小学校に転校してきた。 ヨゲンジュウたちを連れて……! アマビエだけじゃない! ヨゲンジュウ(予言獣)を知っていますか? 『学校の怪談』シリーズで「花子さん」を描き続けてきた楢喜八による、初のミニ絵本。 あの花子さんがヨゲンジュウたちを連れて帰ってきました! 長引くコロナ禍で、たくさんのできないことや、たくさんの決まりごとを受け入れて学校生活を送っている子どもたち。 制限と制約の多い毎日に、せめて、のびのびと空想して少しでもたのしく過ごしてもらえたら……。 そう考え、楢喜八さんが描く花子さんにお願いして、おなじみアマビエをはじめとするヨゲンジュウたちを学校へ連れて来てもらおう!と思い立ち、お守りになるような絵本をつくりたいと企画しました。 正体不明、でも、なんだかかわいいヨゲンジュウたち。 ちょっと怖くて、どこかユーモラス、隅から隅まで何度も見ずにはいられない、楢喜八ならではの絵の世界が小さな一冊に広がります。 花子さんに初めて出会う子どもたちにも、子ども時代を花子さんと過ごした世代にも、いつもそばに置いて繰り返しおたのしみいただけることを願っています。 絵:楢喜八 1939年樺太に生まれる。金沢美術工芸大学油絵科卒業。1968年ミステリマガジン(早川書房)8月号で挿画デビュー。ミステリー・SF・ユーモア小説を中心に幅広いジャンルで多数の装画・挿画を手がけ、大人から「学校の怪談」シリーズ読者の子どもまでファン層も幅広い。個展などで定期的にオリジナル作品も発表し続けている。1978年講談社出版文化賞(さし絵部門)受賞。2004年田河水泡賞受賞。2018年ヒマールにて「学校の怪談」同窓会展を開催。2020年『誰かが見ているーー楢喜八作品集』(こぶな書店)を刊行。 協力:常光徹(国立歴史民俗博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授) ブックデザイン:辻川文俊(ヒマール) 構成・編集:小鮒由起子(こぶな書店)/辻川純子(ヒマール)